婦人

ミネラルファンデーションを使おう|天然成分で安心

まぶたに塗る美容液

目元

長さや太さや量をアップ

まつげを増やすために、多くの女性がマスカラやつけまつげを利用しています。前者は粘液状のコスメで、これをブラシにつけてまつげを軽くブラッシングすると、その粘液がまつげについた状態で固まります。これにより、長さや太さがアップして見えるようになるのです。後者は、ナイロンなどで作られている人工のまつげで、まぶたの形にあわせて糊づけすることで、やはりボリュームアップ効果が出てきます。このようにどちらも、まつげを手軽に増やすことができるため人気があるのですが、昨今ではさらにまぶた専用の美容液も使われるようになっています。まぶたに塗ることで、毛母細胞や色素細胞が活性化し、まつ毛が生えやすく、成長しやすくなるのです。本物のまつげを増やすことができるため、まぶた専用の美容液の人気は、さらに高まると考えられています。

毛母細胞と色素細胞

まぶたに美容液を塗ることで、なぜ毛母細胞や色素細胞が活性化するのかというと、乾燥による刺激を防ぎやすくなるからです。乾燥して硬くなった大地では、植物の根は伸びにくいのですが、水やりをして柔らかくすれば、根はスムーズに伸びるようになります。これと同じように、まぶた専用の美容液には、まぶたを潤わせ、柔らかくする効果があるのです。また、中にはビマトプロストという成分が配合されている美容液もあります。ビマトプロストには、毛母細胞や色素細胞が多く集まっている毛根部分での、血行を良くする作用があります。そのためこれをまぶたに浸透させれば、色濃いまつげを増やすことができるようになるのです。毛根が丈夫になることから、まつげが抜けにくくなるため、その点でも注目されています。