婦人

ミネラルファンデーションを使おう|天然成分で安心

ビタミンCの効き目

化粧水

酸性が強い成分

ビタミンc誘導体を肌につけると、ビタミンCが細胞にダイレクトに働きかけます。そして様々な肌のトラブルを予防・改善し、美肌に導く効果があります。ビタミンc誘導体を配合している化粧水や美容液は、人によって肌に合わない場合があります。特にビタミンc誘導体が多めに含有している化粧水や美容液は、酸性の刺激が強く出ます。今まで化粧水を使用して肌が赤くなった経験がある人は、事前に腕の内側につけてパッチテストをしてみるのがお勧めです。また、ビタミンc誘導体には保湿効果があまりないので、肌の保湿をしっかりする必要があります。ドライ肌やインナードライ肌の人はもちろん、乾燥している季節は特に乳液やクリームでしっかり油分を与えることが大切です。

体内に留まるビタミンC

ビタミンは、大きく分けると水溶性と脂溶性の二種類のタイプがあります。ビタミンCは、水溶性のビタミンです。体に蓄積されない性質があり、食品で摂取してもすぐに体外に排出されます。ビタミンc誘導体は皮下組織でビタミンCに変化します。普通のビタミンCは経口摂取してもすぐに排出されますが、ビタミンc誘導体は長期間留まります。そして細胞に働きかけて、肌を美しくする働きをします。ビタミンCには、シミを消す美白効果、ニキビの炎症を抑える効果、抗酸化作用、コラーゲン組織の生成効果などがあります。ビタミンc誘導体も、そのビタミンCとまったく同じ効果があります。幅広い肌トラブルを予防し、健康的で美しい肌に導きます。